2016年10月06日

新会社「ゴーガ解析コンサルティング」設立の趣旨

早いもので、新会社を設立してから三ヶ月が経ちました。ブログの引越がずるずると先延ばしになっていたのにやっと手を付けまして、全部こちらの jinya.seesaa.net に引っ越しました。

設立したのは「株式会社ゴーガ解析コンサルティング」で、以前に取締役を務めていました株式会社ゴーガからデータ分析・解析のチームを子会社で分社化しました。旧社で10年やったので、もう一度経営方針を考え直して心機一転といったところです。目論見は二つありまして、一つは解析だけのチームで子会社化することで、データ分析コンサルティングの分野でより一層の機動力を発揮することなのですが、もう一つは人事面の見直しです。

ウェブの世界とデータ分析の世界は似ているようでちょっと違っていて、ウェブの世界は習うより慣れろでぐいぐい開発の経験値を溜めて一人前になる印象がありますけれど、データ分析の世界は地味な作業や勉強とコミュニケーションを積み上げなければなかなか一人前にはなれません。技術の一点突破ではなくて、技術と理論とコミュニケーションを偏りなく高めていく必要があります。少なくとも、私が志向するデータ解析コンサルティングとはそういう方向性です。その結果、どうしても人材育成には時間がかかる。その時間差みたいなものを解消しようというのが、今回の分社化のもう一つの目論見です。

数年前から「ビッグデータ」と共に「データサイエンティスト」なるキーワードがもてはやされて、業界団体ができたり(弊社も参加しています)人材争奪合戦が激しさを増してきたりしていますが、サイエンスは流行り廃りに左右されるものではありません。数学や統計学などの知識と経験をしっかりと基礎から積み上げて、そこに最新のデータエンジニアリングのテクニックと、ビジネスの知見を織り交ぜてコンサルティングができる、そういう人材を育成していくことが、私の次の10年の取り組みです。


posted by jinya at 15:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。