2017年04月28日

共起関係を用いたアイドルネットワークの分析

ゴーガ解析のメンバーの石田さんが、共起関係を用いたアイドルネットワークの分析をしています。

アイドルに関するデータ収集〜分析:1.1TwitterデータからDD度の可視化

彼はこの春からアイドルオタクになったそうで、業界的にめちゃめちゃ忙しい年度末をアイドルパワーで乗り切ってくださいました。仕事がしんどいときでも笑顔でアイドルのことを語ってくれるので、アイドルに救われるっていうのはこういうことを指すのだなぁと思いました。

さて、彼の分析結果、まだ途中だと思いますけれど、これを見てコメントです。

各アカウントのフォロワー直近500人をとってきているとのことですが、これは少なくとも時期をランダムにするか、もっと量を増やすべきだと思いました。twitterのデータは、ボットやスパムアカウントの影響をどうやって排除するかというところがいつも難しくて、直近500だとその影響が大きく出てしまうのではないかという懸念があります。収集数を増やせばその影響は減りますし、時期をランダムにしても同様の効果が出ると思います。一方で、twitter apiの制約もあると思いますから、そのあたりで妥協しなければならないところもあると思うのですが。

AKB系とハロプロ系で様相が全く異なるのは、記事にもあるとおりタレントさんご本人のアカウントの影響が大きい気がします。グループのファンなのか、タレントさん個人のファンなのかというところで、ファン心理が違うのかもしれません。また、分析者本人がハロプロファンなので、AKB系のファンの動向がよくわかっていないのも、これから補強すべき所なのだろうと思います。

データ分析をするときは、その業界なりその市場に対する深い理解と愛情が必要になります。それなしには市場のメカニズムを想像することなどできません。この現象は、こうなんじゃないか、ああなんじゃないか、と、様々な想像を巡らせて、仮説を作り、検証する、の繰り返しです。一方で、あまりに深入りしすぎて森が見えなくなってしまってもダメなのが難しいところ。主観が入りすぎると、仮説が恣意的になりすぎます。そのシステムに愛情を持ちつつ、一歩引いて客観的に仮説を想像するのが、データサイエンティストのポジションです。

最後に、共起関係のネットワークを見るポイント。

共起ネットワークは、実は繋がっているところを見ていてもあまり面白くないんですね。これは、繋がっていないところを見るべきなんです。なぜここは繋がっていないのかを考えると、いろんな仮説が出てきます。例えば記事中の図を見ると(これはまだ途中の画像なのでこの先変わるかもしれませんが、ひとまず今の段階で見ると)、NMBとHKTのつながりが非常に薄い。これはなぜか。また、ネットワークの外側にあるのはJKT, BNKに加えて、momowgp、つまりももクロが外側にいて、他とのつながりが薄い。JKTとBNKは両方とも海外にあるので、共通のユーザーがいないことの意味がなんとなくわかりますが、momowgpは国内で、かつフォロワー数もそこそこ多いにもかかわらず、孤立しているのはなぜか。このあたりに仮説の種がありそうです。


posted by jinya at 12:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

ノッティンガム大学

懐かしくなって、ノッティンガム大学の地図を見ていたメモです。

通っていた校舎。さすがに約20年ほど経っているので、壁が新しくなっていますが、当時の面影が残っていました。

と思ったら、別の写真では新しい建物が!撮った時期が違うんですね。

お世話になった学生会館みたいなところ。こちら側が当時の面影のある建物なのですが、これも、取り壊されて更地になっているstreet viewが近くにありました。ここでインターネットの契約をしたり、100ポンド紙幣を出して売店のおばちゃんに目を丸くされたり(当時、100ポンド紙幣は通常流通しておらず、偽札じゃ無いかと思われて念入りに調べられました)。

通学路。冬は何にもない道なんですが、春にはこれらに全部花が咲きます。4月後半〜5月が最高に美しい道です。

住んでいた留学生会館。こんなゲートは無かった気がしますが、建物はたぶん変わっていません。留学生の他、海外から短期間招聘された先生などもここに住んでいました。

住んでいるところから一番近いスーパーマーケット、Sainsbury's。ここには米と醤油があったので、キッチンで炊き込みご飯っぽいものを作っていました。椎茸の代わりにマッシュルームを入れて、鶏肉と野菜で。パンは麦の粒がごろごろ入っているもの。

ノッティンガム駅。あちらでは長距離バスがかなり発達しているので、移動は基本的にバスでした。ノッティンガム駅は一度しか使ったことがありません。今はsuicaのようなものがあるらしいですが、当時は改札というものがなく、切符は自己申告で、停車駅ではアナウンスも無いので、常に注意していないと乗り過ごしてしまう。しかも、英国では乗り過ごしたら罰金、不正乗車の罪になりましたので、めちゃめちゃ緊張しました。

ノッティンガム城。唯一(?)の観光名所。ロビンフッドの像があります。でも、たまにしか来たことがありません。ほとんどは宿舎と大学を行ったりきたりでした。
posted by jinya at 18:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クラークスのビジネスシューズ

先日、十何年ぶりかに渋谷のクラークスに行ったところ、ビジネスシューズの取り扱いがあって、大喜びした話です。

クラークス(Clarks, http://www.clarks.com/ )はイギリスの靴メーカーで、創業1825年とのことですから、およそ200年ほども続いている老舗です。私がまだ学生時代、イギリスの中部にあるノッティンガムというところに留学していたとき、靴を買いたいんだけれどと相談したところ、中心街にあるこのお店を、この街で靴を買うならここしか無い!っていうくらい猛烈に勧められて、黒いビジネスシューズを購入しました。このお店です。(→street view )まだ残っていました、さすがイングランドです。

さて、その後日本に戻ってきて就職し、数年はこのときに買った靴を愛用していたのですが、あるときついに破れてしまいまして、同じ靴はないかと思い日本の取扱店を探したのですが、まったく見つかりません。15年ほど前でしょうか。当時、日本のクラークスでは、コンフォートシューズの取り扱いしかなく、クラークスというブランドは普通の靴メーカーではなくて、コンフォートシューズメーカーという位置づけでブランディングされていたんです。ですから、本国では普通の靴メーカーで、ビジネスシューズもお店にたくさん並んでいたのに、日本では結局それらを買うことはできませんでした。当時はまだネット通販など始まったばかりで、amazon.comも本しか売っていなかった時代ですから、日本にいてイングランドの靴を買うことは困難でした。

その後、私の靴探しの放浪が始まります。合う靴が全く見つかりません。おそらく足の形が悪いのと、無理に合わない靴を履いたせいで足の指の関節を痛めてしまい、今でも合わない靴を履くとすぐに痛くて歩けなくなってしまいます。ですので、結婚式などどうしても履かなければならないときには我慢して履きますが、基本的には黒いスニーカーなどをで代用していました。そうすると、スーツなどもだんだん着にくくなって、ジャケットにチノパンという格好が多くなりました。思い出すたびに買ってはみるのですが、数回履いては捨てることも何度も。5万円ほどするのも試しましたし、いろんな形を履いてみて、たまに変な形のでしばらく我慢して履いてフィットさせられても、変な形なのですぐ廃番になってしまってまた放浪です。

ということで、ビジネスシューズにはずっと悩んできたのですが、先日上のクラークスの国内店舗(渋谷店)を何気なくのぞいてみたところ、なんとビジネスシューズが並んでいるではないですか。驚いて店員さんに尋ねてみると、数年前から取り扱いしているのだとか。早速一足はいてみたところ、柔らかいし、フィットするし、即決で購入、ついでに近所のお店で最近来ていないスーツも購入して帰りました。いまのところ快適に履いています。やっと自分が履ける革靴のお店が見つかりましたから、これからは、いままで茶色の革靴が無かったため(黒さえ見つからない状態なので)に着られなかった淡色のスーツやパンツも合わせられそうです。
posted by jinya at 17:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。