2017年04月10日

ノッティンガム大学

懐かしくなって、ノッティンガム大学の地図を見ていたメモです。

通っていた校舎。さすがに約20年ほど経っているので、壁が新しくなっていますが、当時の面影が残っていました。

と思ったら、別の写真では新しい建物が!撮った時期が違うんですね。

お世話になった学生会館みたいなところ。こちら側が当時の面影のある建物なのですが、これも、取り壊されて更地になっているstreet viewが近くにありました。ここでインターネットの契約をしたり、100ポンド紙幣を出して売店のおばちゃんに目を丸くされたり(当時、100ポンド紙幣は通常流通しておらず、偽札じゃ無いかと思われて念入りに調べられました)。

通学路。冬は何にもない道なんですが、春にはこれらに全部花が咲きます。4月後半〜5月が最高に美しい道です。

住んでいた留学生会館。こんなゲートは無かった気がしますが、建物はたぶん変わっていません。留学生の他、海外から短期間招聘された先生などもここに住んでいました。

住んでいるところから一番近いスーパーマーケット、Sainsbury's。ここには米と醤油があったので、キッチンで炊き込みご飯っぽいものを作っていました。椎茸の代わりにマッシュルームを入れて、鶏肉と野菜で。パンは麦の粒がごろごろ入っているもの。

ノッティンガム駅。あちらでは長距離バスがかなり発達しているので、移動は基本的にバスでした。ノッティンガム駅は一度しか使ったことがありません。今はsuicaのようなものがあるらしいですが、当時は改札というものがなく、切符は自己申告で、停車駅ではアナウンスも無いので、常に注意していないと乗り過ごしてしまう。しかも、英国では乗り過ごしたら罰金、不正乗車の罪になりましたので、めちゃめちゃ緊張しました。

ノッティンガム城。唯一(?)の観光名所。ロビンフッドの像があります。でも、たまにしか来たことがありません。ほとんどは宿舎と大学を行ったりきたりでした。


posted by jinya at 18:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。